小江戸どうぶつ病院

川越市役所近くの動物病院です

皮膚病でお困りではありませんか?

わんちゃん、ねこちゃんの皮膚病は痒みや赤み、フケなど様々な症状があり、一度良くなったと思ってもまたぶり返してしまったり、、と頭を悩ませている飼い主様がとても多い病気です。

 

治療法は飲み薬だけではありません!

フードいつものシャンプーシャンプーのやり方を変えたり、サプリメントで改善がみられることもあります♪

 

そこで、今回は薬用シャンプーのおすすめの使用法をお伝えしたいと思います!

①30℃以下の水で肌をよく濡らす〈5分間。しっかりと濡らす!〉

②全身の肌にシャンプーをつける〈10分間。しっかりと浸透させる!〉

 ※こすらずにマッサージをするようにして浸透させてください。

③30℃以下の水でよくすすぐ〈5分間。しっかりとすすぐ!〉 

④タオルドライで乾かす

 

☆30℃は室内プールくらいの温度なのでいつものシャンプーと比べて水温が冷たく感じるかもしれませんが、水温が高いと大事な皮膚の脂を流してしまいます!

☆長毛の子や、抜け毛が多い子は事前に毛刈りをすると効果がアップすることがあります。

☆薬用シャンプー前に普通のシャンプーを使って汚れを落とすのも効果的です。

☆薬用シャンプーは事前に泡立てて使うと刺激を軽減でき、経済的!

(洗面器とスポンジで簡単に泡立ちます)

☆薬用シャンプーは気になるところからつけましょう!(付着時間を長くできます)

 

お家でのシャンプーはなかなか大変だと思います。

けれども、シャンプーが心地よいものだとわんちゃんが覚えてくれれば、とてもいいスキンシップの時間にもつながり、皮膚も良い状態に保つことができ、一石二鳥です♪

院内シャンプー、フードやサプリメントのご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください!